引越したらクレジットカードの住所変更手続きを

住所が変わったときは、クレジットカード会社に対して住所変更手続きをすることを忘れてはいけません。


ついうっかり、住所変更があった事実を連絡しなかったために、クレジットカード会社から送られてくる毎月の請求書が届かなかったり規約変更やカードの更新についての大切なお知らせが伝わらないことがあるためです。

転勤や就職、マイホームの購入によって住所が変わったときは、クレジットカードの発行会社への住所変更手続きを忘れないようにしましょう。
特に、結婚によって名字や住所が変わったときに、変更の届け出を忘れる事例が相次いでいます。



クレジットカード自体は、住所や名字が変わったとしてもそのまま使い続けることができるため、届け出が必要なことに気付き難いという点も、このような事態を招く原因です。



クレジットカードの住所変更は、電話による連絡やインターネットを通じて簡単に実施できます。カード会社に電話すると、変更に必要な書面を郵送してくれるので、届けられた書面に必要事項を記入の上、記名捺印して郵送すると手続きが完了します。
インターネットでは、もっと簡単に住所変更手続きが可能です。

所定のサイトにログインして、案内に従って新しい住所を入力するだけなので、ものの数分ですべての手続が完了します。


請求書が未達になると、銀行口座の残高不足による支払い遅延が発生しまう可能性があります。
いわゆる、信用情報を汚さないためにも、うっかりミスによる支払いの遅延を避けることは重要です。